プロフィール

現在は機械学習エンジニアとしてシンガポールに拠点を置く SAP社の研究・開発所に所属しており、MLをベースにしたソリューションを作っています。 2017年にYale-NUS大学を第一期生として卒業。

履歴書

profile


履歴

SAP (July 2017 - July 2020)

機械学習エンジニア。現在はSAP Cash Application という財務管理を自動化するアルゴリズムの研究・開発に携わっている。同ボジション最年少・初の学部卒として 入社。

Code Gakko (May 2016 - present)

創業者。小・中学校に赴いてプログラミング授業を提供する団体。高校・大学生向けにはデータサイエンスも教えている。 現在は主にシンガポールとマニラで活動中。

The Tor Project (May 2015 - June 2016)

エンジニア。Open Technology FundのEmerging Technologies Fellowshipのフェローとして、 Virgil Griffithと共にRoster(以下参照)を開発。

STYLER (June 2015 - May 2016)

エンジニア。日本や台湾でも人気が高まりつつあるファッションアプリ。グラフ型データベースのNeo4j等を利用して ユーザ間の連携・アプリの操作パターンを分析・可視化した。


主なプロジェクト

Contextual AI

SAP初の機械学習オープンソース・ライブラリ。説明可能機械学習アルゴリズムを使ってユーザが機械学習 モデル・ソリューションをより解釈し易くする機能の開発を目指している。リリースの際のブログがこちら

Electionaire

2015年のシンガポール総選挙実施に伴い、Electionaireという 国家課題についての意見を問うウェブアンケートを作成。ユーザのインプットを基に一番意見が合う党派を マッチングした。総選挙までの一週間内に18万以上の返答及び67万以上の閲覧数を達成、 数々の国内メディアにもピックアップされた。選挙後はアンケート結果の分析結果等も発表した。

メディア参照:

Roster

Tor上のリレーサーバの稼働率や帯域幅、またリレー郡の地理的多様性等を計り、基準に応じてポイントやバッジを 与え、Torネットワーク全体のセキュリティ・稼働率向上を目指すアプリ。尚現在はサポートされていない。


出版歴

Sean Saito, Eugene Chua, Nicholas Capel, Rocco Hu. Improving LIME Robustness with Smarter Locality Sampling. 2nd Workshop on Adversarial Learning Methods for Machine Learning and Data Mining @ KDD 2020 (2020). (link)

Sean Saito, and Jin Wang. Explaining Away Attacks Against Neural Networks. First Workshop on Secure and Resilient Autonomy, Third Conference on Machine Learning and Systems (MLSys) (2020). (link)

Sean Saito, and Sujoy Roy. Effects of Loss Functions And Target Representations on Adversarial Robustness. arXiv preprint arXiv:1812.00181 (2018). (link)

Sean Saito, Yang Wenzhuo, and Rajalingappaa Shanmugamani. Python Reinforcement Learning Projects: Eight Hands-on Projects Exploring Reinforcement Learning Algorithms Using TensorFlow. Packt Publishing. September 29, 2018. (link)

Wu, Zhenzhou, and Sean Saito. HiNet: Hierarchical Classification with Neural Network. arXiv preprint arXiv:1705.11105 (2017). (link)


特許

Sean Saito, Chaitanya Krishna Joshi, Rajalingappaa Shanmugamani, Truc Viet Le, and Rajesh Vellore Arumugam. “Utilizing embeddings for efficient matching of entities.” U.S. Patent Application 16/217,148, filed June 18, 2020.

LE, Truc Viet, Sean Saito, Chaitanya Krishna Joshi, and Rajalingappaa Shanmugamani. “GRAPHICAL APPROACH TO MULTI-MATCHING.” U.S. Patent Application 16/210,070, filed June 11, 2020.

Sean Saito, Truc Viet Le, Chaitanya Joshi, and Rajalingappaa Shanmugamani. “Representing sets of entities for matching problems.” U.S. Patent Application 16/208,681, filed June 4, 2020.

Sean Saito, and Sujoy Roy. “Platform for preventing adversarial attacks on image-based machine learning models.” U.S. Patent Application 16/186,784, filed May 14, 2020.


主なハッカソン

Data Science Game 2016 - 7位入賞 (143チーム中)

国際的な学生データサイエンス大会のData Science Game 2016にシンガポール代表として出場。世界中の修士・博士生とも交流。 シンガポール帰国後はData Science SGという国最大のデータサイエンスコミュニティのイベントに登壇し、 大会での経験を共有した

Battlehack Singapore 2015 - 準優勝

Portalという、ビーコン技術を応用したマーケティングアプリを作成。駅や公共の場の広告で気に入った 品物を見かけた時、その場でスマホを利用しその商品を購入できるというアイデア。

Emirates Travel Hackathon 2015 - 準優勝

Aviatoという、ソーシャルメディアのデータを集合し、ユーザのプロフィールを基により適した 旅行パッケージを提案するサービスを開発。

A*STAR IoT Hackathon 2015 - 優勝

飛行機にも搭載されているブラックボックスと建設作業ヘルメットを足したBlackhatというIoTデバイスを 考案・作成。温度計、湿度計、IMU等のセンサーをヘルメットに搭載することで、作業員個人の近辺や 工事現場全体の安全性を数値化し、分析できるようにするウェアラブルを開発。


メディア

Aiming for AI, machine learning jobs after school? Don’t just focus on tech, grads say

The undergrad who started a coding academy


🔵 🔴